(TOEICなど)、資格試験受けまくり
ぼちぼちですが、なんとかやってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えいごで旅するリトルチャロ DS

charo_ds

一休みということで、先週日曜に買っておいたリトルチャロDSをやってみました。
途中までしかやっていませんが、終わるのを待っていたら数ヶ月かかってしまうかも
しれませんので、ここらへんでレビューを書いておきます。


結論から申しますと、コストパフォーマンス的に”買い”だと思います。
以下、多少のネタバレを含みそうですのでたたんでおきます。
ゲームは2008年度放送(2009年度再放送)していたリトルチャロ1(2がありますので
”1”としておきます)のストーリーをアドベンチャーゲームっぽく仕上げたものです。
ストーリーを知っている人であれば、簡単に進めていくことができますし、知らない方でも
問題なく進めていけるようになっています。このあたりはさすが任天堂と言ったところで
しょうか。


うれしい機能として、字幕が日本語、英語、なしと選べることができるので、とりあえず
英語字幕でやっています。ゲームですので英語の勉強として期待するのは無理がある
かと思いますが、ゲームをすることにより英語を聞きながら目で追っていくので、英語に
触れるという点ではいいかと思います。自分で行動を選んで会話をするので、ただ
受け身となって見たり聴いたりするより学習効果が高いかもしれません。


ちょっとおもしろい遊び方として、時々質問が出てきて選択肢を選ぶことになるの
ですが、その時にストーリーと違う選択肢を選んで、話とは異なるリアクションを
楽しむといった遊び方もできます。このゲーム用に音声を録り直しているようです。
EPISODE1で空港から逃げ出せず、2回ほど空港係官に捕まりました(笑)


いい点ばかり書いていますので、少々気になる点を書きますと、1つのエピソードを
終えるのに思った以上に時間がかかるため、最後まで終えるまでにはそれ相当の
時間がかかるかと思います。
今までのプレー時間から考えると、おそらく数十時間はいってしまうでしょう。
また、アドベンチャーっぽくしてあるため、あるところに行ってヒントを聞きだし、
次のところで何かをしてまた戻ってくるといったことが少々面倒になることがあります。
このあたりはゲームとして楽しみたい人と、単純にストーリーを楽しみたい人で評価が
分かれるところかと思います。


コストパフォーマンスですが、かなり高いです。DVDですと5枚でだいたい15000円する
ようですので、1枚ちょっとの値段で買えます。またラジオ版の本+CDでも6300円くらい
しますので、半分くらいで済みます。
というわけで、リトルチャロを見てなかった人や山手線内のトレイン小説リトルチャロで
興味を持った方にも十分満足できるゲームなのではないかと思います。


さらに詳しく知りたい方はこちらから →任天堂

テーマ:英語(TOEIC) 学習者の日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

hachi

Author:hachi
やっぱり英語できるといいなと思い2007年6月よりTOEICを始める
2008年は800点を超え、目標達成と燃え尽きてしまい、それから鳴かず飛ばず・・・
日々の勉強はNHKラジオ(おと基礎・チャロ)、Podcastで

最新の結果
2013年9月 L380 R395 T775
PART6,7で間違い5問くらいだったような

他にも情報処理などいろいろ受けてます
2015年、今年は足元をしっかりかためていこうと思います

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

Podcast

by PODCAST-BP

FC2カウンター

次の試験まで

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最近ハマっているモノ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。