(TOEICなど)、資格試験受けまくり
ぼちぼちですが、なんとかやってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンジェラ・アキのSONG BOOK

SONGBOOK.jpg
1月からアンジェラ・アキのSONG BOOKを見ています。
講師は大杉正明先生、他にクリス・ペプラーさん、南沢奈央さん、
そして大学生とスタジオ内は教室みたいな雰囲気です。


この番組を簡単に紹介しますと、昔のヒットソングについて1週目は
訳して意味や曲の背景を探り、2週目は英語から離れて自分なりの詩を
つけて(簡単に言ってしまえば替え歌にして)アンジー先生
(番組内でのアンジェラ・アキさんの呼び名)が歌ってくれるという番組です。


特に2週目については、大学生の皆さんが自分の体験などを通して
作った詩を披露するので、ちょっと恥ずかしくなったりして、
他の講座にはないドキドキ感が楽しめたりもします。(ちょっと変かも)


1、2週目はビリージョエルのHonestyでした。
http://www.youtube.com/watch?v=cZS76TNlPWs/
この曲について、アンジー先生はビリージョエルの「怨念の歌」と表現して
いました。その時、この曲をどこかの授業で教わったことを思い出しました。
記憶があやしいのですが、確かあの先生です。
代ゼミで児島洋先生に習っていました。他の有名講師と呼ばれる先生の授業を
受けたこともありますが、英語が不得意科目だったのをなんとか救ってくれたのは
児島先生でした。


先生は学期の終わりに授業を簡単に切り上げ、時々ヒットソングを取り上げて
くれました。Honestyについては「むごい歌だ」と言っていた記憶があります。
2学期にはルイ・アームストロングのWhat a wonderful worldを聞かせてくれました。
最後の授業ではさすがにヒットソングはありませんでしたが、映画「The Fly」を
受験が終わったら見るように言われました。まだ見ていませんけど。


授業の中で時々取り上げていた話で覚えているのは、皆さんは受かったらあれを
やろうとか、これをやろうとか思っていると思うけど、実は今が一番充実した時間を
過ごしているんだというようなことを言っていました。思い出してみるとなかなか
含蓄のある言葉です。


そんな児島先生は今でも教壇に立たれているかと思って調べてみると、どうやら高崎で
教えていらっしゃるようです。塾のHPがFC2でしたのでこんな偶然もあるんだなと
思いました。→誠真塾


今はちょうど受験終盤ですので、東進のCMがバンバン流れています。現役の受験生
だけでなく昔の受験生も、あの頃をを思い出してアツくなるのではないでしょうか。

テーマ:英語(TOEIC) 学習者の日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

hachi

Author:hachi
やっぱり英語できるといいなと思い2007年6月よりTOEICを始める
2008年は800点を超え、目標達成と燃え尽きてしまい、それから鳴かず飛ばず・・・
日々の勉強はNHKラジオ(おと基礎・チャロ)、Podcastで

最新の結果
2013年9月 L380 R395 T775
PART6,7で間違い5問くらいだったような

他にも情報処理などいろいろ受けてます
2015年、今年は足元をしっかりかためていこうと思います

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Podcast

by PODCAST-BP

FC2カウンター

次の試験まで

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最近ハマっているモノ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。